お寺の施設も高くない理由

お寺の施設も高くない理由

「お寺の施設は高いんじゃない?」

このような料金問題は、過去のものとなっています。
といいますか、新東松山斎場は、どのような流儀でもご利用いただけるので、お坊さんやお寺が登場しない会で、何かを別にいただくようなことはありません。

(他の宗派や宗教の司式でももちろん同様です。当斎場がそのことで料金は頂きません)

▼お寺を維持するということ

斎場運営は、通常のお寺の経済とは異なるシステムとなっています。

檀家さんはお寺にとって、永劫お守りする対象であることは今後も変わりありません。

しかし、檀家制度という限られた世界の中でお寺を運営していたなら、檀家さんとお寺双方にとって、新しい時代への要望から離れて行ってしまい、経済的にも重荷になるからです。

しかし、故人に関連した皆様が「ちゃんとお別れ」し、「お参り」もできることにこだわっているのは、お寺ならではの、皆さんにとってのメリットであるかもしれません。

ちなみにお坊さんが登場した場合の「お布施」というのは、これは会場や儀式に関する費用ではなく、お坊さんのギャラでもありません。

お寺を維持するための寄付(寄進ともいいます)という意味合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です